2014年2月5日水曜日

自分の性格が許せないことがある。

それは・・・書けない。いや、人の価値を見た目で判断してしまうことなのだ。ずいぶん前に自分があれほど惚れ込んでいた人物とすれ違ったとき、狼狽して幻滅して反省している自分がいるのだ。1度や2度のことではない。これはやばいのだ。キタキツネがタヌキになっていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿