2014年10月1日水曜日

あの空き地のことをそろそろ書き始めなければならない

だから僕はここで書くことに決めたのだ。ここに書くことに決めたのだ。